おかしのいえで調理を学ぼう

ホームセンターで「コアラのマーチ おかしのいえ 手作りキット」を見つけて購入。子供たちの工作(調理?)意欲を掻き立てます。意外と手間がかかり、調理の勉強になりました。

おかしのいえ 手作りキット

ロッテから「コアラのマーチ おかしのいえ 手作りキット」という商品が販売されています。Amazonでも取り扱っており、価格が1,600円くらいです。

おかしのいえのパーツが梱包されているわけではなく、ただのロッテのおかしと説明書が入っているだけです。(土台のタルトは別購入)

自分で加工して、おかしのいえを組み立てます。

長男が活躍

子供たちのおかしのいえ作りが始まりました。

制作に関しては、長男が指揮をとります。

説明書を理解して、組み立てていくのは、長男の得意分野です。

チョコレートを溶かすところから

おかしのいえのパーツ接着には、湯せんしたチョコレートを使うようです。

ここまで手間がかかるものとは思いませんでした。

予想外におかし作りの勉強になります。

ウエハースを切る

いえの壁に使うウエハースも、包丁で切ってサイズを合わせます。

ここで問題発生。

正確に切りたい長男と、自分が切りたい四男の意見が対立。

長男が機転を利かせ・・・

先に長男がウエハースに切れ目を入れて、そこに四男の包丁を誘導する方法を取りました。

よく考えます。

三男、次男が踊りだす

よくあることで、三男が踊りだしました。

続いて次男も踊りだします。

ここでまた問題が発生。

湯せんしているチョコのボールを動かして、水を入れてしまいました。

湯せんしたチョコに水が入ると固まらなくなる

溶けたチョコに水を入れてしまうと、もう固まらなくなるらしいです。

ドライヤーで水分を飛ばすことを試みましたが、ダメでした。

チョコを固める油成分を、水が分離させてしまい、固まらなくなるらしいです。

幸いにもチョコレートの余りがあったため、再度湯せんして使いました。

おかしのいえ完成

チョコタルトの上にのせ、おかしのいえが完成です。

トラブルもあったため、1時間半くらいかかりました。そのトラブルで、新たな知識を得ることもできました。

そして、おかしのいえが、食べて消えるのは一瞬でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)