500円のボッチャランプ

株式会社アポワテックより、ボッチャ用品が手軽に買えるようになりました。

投球できない人が使うランプ(滑り台)が欲しかったのですが・・・スタンダードで税別89,000円。
スロープが透明で、視界を確保できるハイパフォーマンスモデルが420,000円。
需要の問題で高くなっちゃいます。

自分で作ろう

大会で勝つことを目指すなら間違いなくお勧めできませんが、レクリエーション用途であれば、自作でも大丈夫でしょう。

ホームセンターを歩き回って使えそうな材料を調達しました。

材料

  • アングル(L字棒)×2・・・312円
  • なべ小ねじ・・・98円
  • 一文字プレート(4枚セット)・・・98円

合計508円(税別)

作り方

アングルというプラスチックのL字棒に穴をあけます。

ねじ止めするための穴です。

ボールがねじに引っ掛からないよう、できるだけ内側に空けます。

一文字プレートで、2つのアングルをつなぎます。

反対側も同様につなぎます。

支柱の代わりに人が持つ

ランプを介助者が手で持つという仕様です。

子供に渡したら、見事に滑り台の一部となってくれました。
(BC3ルールで介助者がこの向きだと反則ですが)

転がしてみよう

そこら辺の雑貨を的にして、転がりを試してみます。

・・・転がる。そして当たる。

雑な作りですが、意外とスムーズに転がり、しかも狙ったところに行きます。

軽くて持ち運びが簡単なインスタントランプが出来上がりました。

ただ、強度が心配なので、金属製のL字アングルを使ったほうが良いかもしれません。

もう少し改良を試みます。