popin Aladdinで焚火の癒し

最近の夜は、壁に焚火の映像を流しています。照明型プロジェクター「popin Aladdin2」を利用して、心を癒します。

popin Aladdinで焚火投影

プロジェクター機能を備え、さらに調光できるシーリングライト「popin Aladdin2」を天井に設置しています。

夜はブルーライトを抑えるため、照明を暗い暖色として、壁に焚火の映像を映すのが日課です。

焚火は7種類「popin Aladdin2」のアプリに用意されています。(2021年4月現在)

7種類あれば、1週間、毎日違う焚火を楽しめるでしょう。

焚火で癒される理由

人間が焚火を求めることは、数字で分かります。

ノルウェーの公共放送で焚火の放送を12時間流して、20%の高視聴率だったことが話題になり、日本でもYouTubeなどで焚火のコンテンツ数、再生数が増えつつあります。

個人的な体験としても、少し極端な話ですが・・・真っ暗な-20℃くらいの極寒の森で、火をともした時の安心感は、強く印象に残っています。

火で癒されるのは本能です。

人間は原始時代、火を起こすことによって獣の脅威から守られてきました。

人間の脳の作りは、原始時代からあまり変わっていないと言われているので、火に安心感を覚える本能が、現代も人間の中にもあるのでしょう。

焚火の癒し映像を、popin Aladdinのデフォルトアプリに入れてくれたことを感謝します。

popin Aladdinで部屋に自然を創出

照明型プロジェクター「popin Aladdin2」を設置して2週間。想像以上に有効活用できています。自然の映像を毎日部屋に映し、音と合わせて自然を創出することができます。リラクゼーション効果が期待できるでしょう。

手軽な照明型プロジェクター「popin Aladdin2」

popin Aladdinという、照明とプロジェクターが一体化した商品があります。一度設置すれば、手軽にプロジェクターを起動できます。

プロジェクターは、手軽さが重要です。

外出自粛だった去年の春、業務用のプロジェクターで壁や天井に自然を映し出していたことがありますが、設営が面倒で一週間くらいでやめました。

また、自分で自然の映像を選ぶ手間、さらに選択した映像が悪いと、仕事中に気が散ってしまう問題もありました。

popin Aladdinであれば、リモコンで手軽にプロジェクターを起動できますし、デフォルトで多くの自然映像が用意されているので、手間がかかりません。

手軽というのは習慣的に使うとき、とても重要です。

増えていく自然の選択肢

popin Aladdinの「美風景」というアプリでは、窓越しに見る風景や、お花見の桜など、多くの映像を選択でき、しかもアップデートで増えることもあります。

毎日映像を変え、自然を味わうことができます。

今は4月なので、花見映像10個を、日替わりで変えていくのもよいでしょう。

日中は映像が若干薄く見えるのですが、仕事中はこの薄さがちょうどよい気がします。気が散らず。

自然音も合わせてリラクゼーション効果

popin Aladdin2は、スピーカーの音質も良いです。

自然の映像を映すと、合わせて鳥のさえずりや、川のせせらぎなどの自然音が聞こえてきます。

デジタルの自然映像にも、自然音にもリラクゼーション効果があるという科学データもあります。(書籍『最高の体調』参考)

部屋に自然を創出できることは、外出を控える今の時代、とても価値があるかと思います。心身の健康に影響があるでしょう。

なお、popin Aladdinの「美風景」アプリで1点だけ気になることがあります。

映像ループのつなぎ目が雑なものがあり、音が一瞬飛ぶ不自然さがあります。

これが改善されれば、より自然を堪能できるでしょう。

自然音でリラクゼーション効果

仕事の集中力を上げるため、ノイズキャンセリングイヤホンを利用することがあります。聞く音は自然音が良いと言われるので、Amazonオーディブルにあった自然音を使います。

自然音にリラクゼーション効果

今回も書籍『最高の体調』を参考にしています。

サセックス大学の研究で、車のエンジン音や、オフィスのざわめきを聞いた人より、自然音を聞いた人の方が、有意にリラクゼーション効果があったという報告があります。

ノイズキャンセリングのついたイヤホンで仕事の集中力を高めるついでに、自然音を流して、リラクゼーション効果も得ようと思います。

仕事のストレスも減ることでしょう。

Amazonオーディブルに用意されている

Amazonオーディブルの著者 “Gordon Hempton”で、自然音をダウンロードできます。

普段オーディブルを利用している人は、追加料金なしでダウンロードできます。

これを高性能なノイズキャンセリングイヤホンで聞くと、周囲の雑音は消え、自然の音だけが聞こえるようになります。

遮断されすぎるのが難点

私の場合は、AirPods Proを使ってノイズキャンセリングをしています。

素晴らしいほど周囲の雑音が消えるのですが、電話やインターホンに気づきにくくなってしまうのが課題です。

せっかくの高性能なノイズキャンセリングをオフにして、外部音の取り込みモードにするか・・・悩ましいところです。

結局、他に家族がいるときはノイズキャンセリングを使い、自分一人の時はスピーカーから自然音を出しているのが現状です。

観葉植物を両面テープ地震対策

壁に観葉植物を飾っています。フェイクグリーン(偽物)で比較的軽量ですが、鉢は陶器のため、落下しないように地震対策を行います。繰り返し使える両面テープを使います。

繰り返し使える両面テープ

Amazon限定ブランドADHESの繰り返し使える両面テープを持っています。

テープに厚みがあり、陶器の湾曲とコルクの台をくっつけるような、条件の悪い接着でも可能です。

非常に汎用性の高い地震対策テープとなります。

鉢の底に両面テープ

私の持っている鉢には、最初から丸い滑り止めが3つ付いていますが、これでは不十分だったので、両面テープを使いました。

両面テープを細く切り、鉢の裏に貼り付けます。

鉢のカーブに沿って、両面テープを曲げることができます。

鉢を台に接着

コルクの台に鉢を接着しました。

これで、ちょっとした力では動かなくなります。ひっくり返しても落ちないくらいの粘着力です。

鉢が心配になる程度の地震は、十分耐えられるでしょう。

最高の体調・壁に観葉植物を

観葉植物を置くことで、リラクゼーション効果と仕事の生産性が上がったという実験結果があるそうです。有孔ボードを設置して、観葉植物をたくさん置いてみましょう。

観葉植物の効果

鈴木 祐氏の著書『最高の体調』を参考に、仕事部屋の緑化を進めています。

本ではノルウェーの実験で観葉植物の効果が紹介されていました。

デスクに観葉植物を置いたオフィスワーカーは、主観的なストレスが低く、病気で仕事を休む回数が減り、仕事の生産性も上がる傾向が見られたそうです。

別のデータでも、観葉植物によって副交感神経が活性化し、肌荒れがおさまったり、幸福度や集中力を上げたりする効果も確認されているとのことです。

観葉植物を壁に設置しよう

デスク上に観葉植物を置く方が効果的と思われますが、デスクのスペースも広く取りたかったので、壁に観葉植物を設置しようと思います。

ホームセンターで材料を調達しました。

まずは観葉植物の鉢を置く台を作ります。

コルクとL字の棚受金具で台を作ります。

ちなみに円形の木は意外と値段が高く、安価なコルクを選びました。

コルクに棚受金具をネジで取り付けます。

有孔ボードにネジ止め

作った台を有孔ボードにネジ止めしていきましょう。

全部で6つ取り付けました。

有孔ボードを壁に取り付け

有孔ボードは専用の止め具セットを使い、壁に設置します。

部屋の壁が石こうのため、直接ネジ止めは危険です。

ある程度の重さになる有孔ボードであれば、安全に専用器具を用いたほうがよいでしょう。

壁に止め具を打ち付けて行きます。

私は間違えましたが、説明書に書いてある通り、有孔ボードの一番外側の穴は使わずに、一つ内側の穴を使って壁に取り付けてください。

フェイクグリーンの観葉植物を飾る

Amazonnで調達したフェイクグリーン。偽物の観葉植物です。

偽物の自然にも効果があるらしいので、手入れの時間コスト、落下の安全性を考慮して、フェイクグリーンを選びました。

最近はフェイクグリーンの質が高いので、私の脳では本物か偽物か区別できないでしょう。

本物の観葉植物と同等の効果を期待します。

最高の体調・カーテンを緑に

最近は体調管理を心がけています。鈴木祐氏の著書『最高の体調』に、偽物の自然にも効果があるという記述があり、部屋を緑化しています。今回は木の葉のカーテンを導入してみました。

茶色だったカーテン

遮光性の高い茶色のカーテンを使っていました。

ちょっと重い色。

これを緑に変更します。

自然を感じる緑のカーテン

閉じていると、あまり自然を感じません。

しかし、カーテンを開け、レースが見えると・・・

植物がそばにある感じがします。

部屋の窓2か所を、この緑のカーテンに変更し、緑化を進めました。

偽物の自然にもリラックス効果があるという研究結果を信じます。

ちょっとしたカーテンの変化で、すぐ効果を実感できるとは言えませんが、引き続き緑化を続け、体調を確認します。

モルモットにエサをあげたか?光で知らせる Ver.2

モルモットのエサを管理する仕組みを作っています。エサをあげたら容器を光らせる電子工作です。一度Helocodeで作ったのですが、消費電力の問題があり、micro:bitで作り直しました。

容器のふたにmicro:bit

モルモットにエサをあげるのは朝夕2回。

しかし、家族で誰がエサをあげるか決まってなく、誤って何回もエサをあげてしまうことがあります。

そこでエサの1つ、乳酸菌タブレットの容器にmicro:bitを取り付けます。

ふたを開けるとき、ふたを逆さまに置くので、その方向を感知してエサをあげたか判断できるようにします。

micro:bitでプログラミング

プログラミングは一瞬です。

micro:bitが下になったとき、LEDを光らせます。

その後、1時間(3600000ミリ秒)待って、LEDを消します。

エサをあげてから1時間、光で知らせる仕組みです。

ふたに取り付け

前回のHelocodeを取り付けたネジ穴を、都合よく流用できました。

micro:bitと単4電池2本を取り付けます。

エサをあげたら光る

完成です。

エサをあげたら、ふたが赤く光ります。

micro:bitは消費電力が低いので、長く運用できるでしょう。

これで、モルモットにエサをあげすぎることを防げます。

Helocodeは電池駆動に向かない

モルモットのエサ管理にHelocodeを利用しました。しかし、半日持たずに電池切れになってしまいます。Helocodeは消費電力が大きすぎて、電池駆動には向かないようです。

常時0.12A消費?

Helocodeを単4電池3本で稼働させてみましたが、半日持ちませんでした。

フル充電したエネループ(ちょっと古いのでパフォーマンスは落ちているかも)でも試しましたが、やはり半日持たずに電池切れです。

あまりに電池消耗が激しいので、消費電流を確認します。

Helocodeはセンサー起動状態の時、0.12A。さらにLEDが光らせて0.12~0.13A程度の消費でした。

WiFiを使っていなくても、結構消費電流が大きいです。

micro:bitの省電力性は優れている

micro:bitと比較します。

消費電流を測ると0.00A・・・。計測できていませんが、LEDを点灯させても0.01Aも消費しないようです。

実際に電池の持ちの良さは、数年使っていると体感できます。micro:bitの消費電流は徹底的に抑えられています。

Helocodeの仕様を見ると、WiFi搭載や、micro:bitより高いスペックが魅力的に見えます。

しかし、こうして実際使って比較してみると、micro:bitの設計のすばらしさを再認識する結果となりました。

モルモットにエサをあげたか?光で知らせる

モルモットに間違って何度もエサをあげてしまうことがあります。改善のため、誰かがエサをあげたら、エサの容器を光らせることにしました。

乳酸菌大好きモルモット

モルモットに毎日、アリメペットという乳酸菌タブレットを与えています。モルモットはこのタブレットが大好きなようで、他のエサを無視して真っ先に食べます。

主食のモルモットフード(チモシー主原料)は、気が向いたら食べる感じです。

あわよくば2個食べてやる

うちの家族で、モルモットにエサをあげるの担当は決まっていません。(それが問題かも)

たまに2回エサをあげてしまうこともあり、朝食夕食多いと4回、誰かがタブレットをあげてしまいます。

タブレットは1日2~3錠と書いてあるため、あげすぎ注意です。

しかし、モルモットはポーカーフェイスで、タブレットをもらっていないような顔をいつもしているので、ついつい食事がまだと勘違いしてしまいます。

食事済みを知らせる電子工作

この問題は比較的簡単に、電子工作で解決できるでしょう。

シングルコンピューター「Helocode」を使って、タブレットをあげたか判断する仕組みを作ります。(後に消費電力の面でHelocodeより、micro:bitを選んだ方がよかったと思うことに。)

タブレット容器のふたに、Helocodeを取り付ける想定で、プログラミングをします。

ふたが下を向いたらLEDが光る

タブレット容器のふたを開けるとき、必ずふたをひっくり返して置くので、Helocodeの向きを取得すれば、容器の開閉を判断できます。

「HelocodeのLEDを下向きにしているなら」という条件で、LEDを光らせることにしました。

そして1時間後(3600秒後)、LEDを消灯します。

1時間光っていれば、モルモットが食事済みであることを、家族全員に周知できると思われます。

ふたへのHelocode取り付け

Helocodeにプログラミングコードを書き込んだら、ふたへの取り付けを行います。

M3ネジとナットで取り付け可能です。たまたま家にありました。

ふたに穴を空け、ネジを差し込み、Helocodeの穴を通して裏側からナットで止めます。

電池ケースも一緒に止めましょう。

安定しない場合は、マスキングテープで補強が必要かもしれません。

タブレットをあげてみよう

Helocodeのスイッチを入れると、電源の青いLEDがタブレット内で光り、怪しいクスリのような雰囲気になります。

まだ、ふたは光っていない状態です。

モルモットにタブレットをあげるため、フタを開け、戻してみると・・・

タブレットをのふたが、赤く円形に光ります。

1時間は、モルモットにタブレットをあげたこと(食事済みであること)が、分かるようになります。

薄暗いところで試したので、怪しさが増しています。

明るいところでは

日常使いを想定し、明るい場所でも確認します。

タブレット容器のふたに、うっすら赤い丸が浮かび上がる感じになりました。

視認性は悪くないです。

これで、モルモットに何度もタブレットを与えることはなくなるでしょう。

教育向けコンピューター「Helocode」という選択肢

中国製の教育向けのシングルボードコンピューター「Halocode」が販売されています。今のところ、イギリス製のmicro:bitに変わる選択肢にはならないかと思います。

存在感の薄いHalocode

AmazonでHalocodeの取り扱いが始まったのは2019年5月。しかし、2年経ってもネット上でHalocodeの情報は少ないです。Googleトレンドで調べても、データ不足になるくらい、存在感がありません。

WiFi搭載シングルコンピューター

Halocodeは、性能が低いわけではありません。

基本処理性能はmicro:bit以上で、しかもWiFiを搭載しています。

IoTのハードルを下げる、手軽なシングルコンピューターです。

値段もmicro:bitより少し高い程度。

問題はエディターのUI

性能・機能が問題ないのに、なぜmicro:bitほどの人気がないのでしょう。

原因はプログラミングエディターのUIだと思われます。

左がmicro:bitのエディタ。右がHalocodeのエディタです。

HalocodeのUIは、背景と文字のコントラストが足らず読みにくい・・・。

色の配慮が足りないだけでなく、UIの様々なところで配慮が足らず、迷いが生じます。

日本語翻訳品質が低い

さらにHalocodeは、日本語の翻訳も分かりにくいところがあります。

「Halocodeが矢印を上向きに挿しているとき」
「Halocodeが矢印が上をむいているいるとき」

日本語がおかしいし、この2つの差を理解することが難しいです。

プログラミングの教育向けコンピューターとして、日本の子供が使うには難しいでしょう。

micro:bitの方は、日本語に違和感はありません。

教育に使うならmicro:bit

Halocodeのエディタは、2年経っても日本語の改善がみられないので、少なくとも教育に使うならmicro:bitを選んだ方がよいでしょう。

WiFiが必要になったら、Halocodeよりラズパイかobnizを選択したほうが勉強になると思います。