独創的な妻のことわざ

妻は独創的なことわざをよく使います。面白いことを言うのですが、独創的過ぎて、あとで思い出せません。忘れないうちに妻の言葉を書き留めることにしました。

「二転八転」

妻は、話しているうちに突然話題が変わったり、戻ったりします。

本人も自覚があって、あやまります。

「話が二転八転してごめんね。」

・・・?

何か違う。

それ「七転び八起き」か「七転八倒」と混ざってない?

話がぶっ飛ぶという意味で、二から八に転じたのかな?

一応、正しくは「二転三転」と伝えました。

 

そして今度は、ザリガニ釣りの話。

子供が釣り糸を長くしたことについて、また妻が不思議な発言をします。

「バカとアホは長いものが好き」

・・・??

「馬鹿と煙は高いところが好き」だよね!?

いや、状況的には「下手の長糸、上手の小糸」を言いたい?

もはやことわざではなく、「バカとアホは長いものが好き」と、ストレートに言いたいことを言っているだけ・・・。

 

笑いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)