Googleの統合していくアイコンデザイン

Googleがアイコンのデザイン変更を行っています。アイコンをGoogleのブランドカラーである赤・青・黄・緑の4色で統一しています。サービスの統合を目指しているようです。

新しいGoogleがアイコンを一新

2020年10月8日に突然「Google Workspace と新しいサービスのご紹介」というメールが届きました。

今まで使っていた「G Suite」から、料金体系や、ストレージなどが変わります。

表面的にもアイコンが変わっていくので、その変化を見てみます。

一見、分かりにくい

使い慣れたアイコンが変わると、やはり最初は分かりにくくなります。

封筒だったGmailを開こうとすると、一瞬迷います。

アイコンの色がカラフルなので、Googleとそれ以外を見分けやすくはなりました。 ただ、そこにユーザーメリットがあるかは不明です。

サービス統合のデザイン

Googleサービス一覧画面でも、似たようなアイコンデザインが並ぶと見分けがつかず、選択しにくくなります。

しかし、少し前からGoogleのサービスは統合されつつあったので、アイコンの識別しやすさは、重要度が下がっているとも思えます。

例えば、Gmailを開いて仕事をしていれば、ビデオ会議(Meet)に参加したり、共有ファイル(ドライブ)を開いたり、スケジュール(カレンダー)を入れたり、アイコンやサービスを意識せずに、横断的に使っていることに気づきます。

Googleのサービスの境目があいまいになっています。

サービスが統合せれる前段階としてみると、統一された似たようなアイコンデザインでも、納得いきます。

実際にサービスがより統合されるか、それとも、各サービスを区別する必要がまだまだあるかで、今回のアイコンデザイン変更の評価は変わってくると思います。

余談:カレンダーアイコンがステキ

「31」と数字を入れるとカレンダーに見えます。

細かいところですが、このデザインが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)