煙が上がる、車の工作

最近、クッキースタンプ装置を作っています。その装置が自走できるようにしたいと考えています。長男に自走用の車を作ってもらいました。組み立て後、テスト走行させると、煙が上がりました。

組み立てが得意な長男

amazonで買った「The perseids 2WDロボットスマートカーシャーシ」。

電子工作で、自走させたいときに使う車です。

中国製で安い分、説明書が分かりにくい・・・。

しかし、組み立てが得意な長男は、ささっと車を作り上げました。

走る 回る

単3電池を4本入れて、長男が車を走らせます。

直線に走り、机の脚で、くるっと回る!?

マイコンも積んでないのに、トリッキーな動きをする。

スゴイ!

煙が上がる

しばらくすると、車から煙が上がりました。

急いで電源を切るように、長男にいいました。

「熱ち!」

どこか、熱いところに触ったようです。

見ると、電池ケースが溶けています。

本来はマイコンに電池をつないで、そこからモーターを制御する使い方です。

6V をモーターにつないじゃダメですね。

煙が上がったり、熱かったり、電源の扱いには注意が必要だと、良い経験になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)