短冊に願いを[お母さんがいない生活3日目]

「みんなの ねがいが かないますように。」今日は七夕。お母さんが入院して三日目。次男、三男が短冊に願いをつづります。一方長男は・・・。

折り紙で輪っかの装飾

三男がせっせと何かを作っています。

七夕の飾りらしいです。

気が付いた時には部屋に飾られていました。

カーテンレールからぶら下がる輪っか。その一番下には、三男が書いた短冊がありました。

お母さんへの祈り

「はやく あしが なおって ください」

足の手術で入院している、お母さんへの祈りです。

裏側には、

「みんなの ねがいが かないますように。」

・・・よく、そんなことを書けると感心。

コロナウイルス鎮静化の祈りも

リビングのホワイトボードにも、短冊が貼られていました。

この字は、次男の字。

「はやく コロナういるすが このよからきえて おかあさんの足がなおりますように」

・・・次男、三男は、あと四男も、周りをよく見て気に掛ける子です。

文章が優しい。

一方長男は・・・

「ホットドッグとハンバーガーとすし、紙粘土で作ったよ!」

空気とか読まず、我が道を行きます。

いいと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)