ホワイトボードを壁に貼る[お母さんがいない生活2日目]

お母さんがいない生活2日目。息子たちの予定を覚えきれないので、ホワイトボードを壁に貼りました。リビングにホワイトボードがあると、子供たちは楽しそうです。

ホワイトボードで学校が始まる

Amazonで壁に貼れるホワイトボードを買いました。息子たちの予定や持ち物を、サッと書き留めるスペースが欲しかったからです。

壁に貼り付けると、保育園から帰宅していた三男、四男が、さっそく何か始めました。

三男「『すし』と書いてください。『す』は、横の棒を1番目に書きます。」

四男「はい、せんせい!」

続いて書き始めたのは漢字。

人、田、山・・・習っていないのによく知っています。

兄の読んでいる本で覚えたのかな?

長男はプログラミング

続いて長男が帰宅。友達と宿題を終わらせた後、スクラッチという子供向けのプログラミングソフトを使ってゲームを作っています。

今年から小学生のプログラミング学習が必修化されました。

長男は幸いにも、スクラッチでプログラミングをすることが大好き。

学校の宿題が終わってから、プログラミングをして良いというルールを作り、様子を見ます。

次男はトマトを持って帰ってきた

最後に帰宅した次男。手にはトマトを持っていました。

学校で育てたトマトだそうです。

「お父さんにあげる」ということでしたが、あいにく私はトマトが嫌いで、やんわりと断りました。

結局、次男が自分で食べてました。

好き嫌いはよくないよね・・・。

三男がストローを連結する

三男がストローを1メートル以上連結し、野菜ジュースを飲んでいました。

かなりこぼれていて、床に飛び散っていました。

よくあることです。

四男が豚肉を焼く

今日は四男が料理を手伝ってくれました。

豚肉を焼いてます。

フライパンを簡単に洗えるよう、くっつかないホイールを敷いて焼きます。

お母さんが教えてくれた、料理手法です。

良い知恵を残してくれました。

 

お母さんがいない生活2日目。まだ比較的平和に過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)