Tello 鏡で真下撮影

Telloで真下を撮影したい。

最も軽く実現する方法は、鏡をつけることです。

ありがたいことに鏡を付けるアイデアと、そのパーツの3Dモデリングデータが共有されいます。素晴らしい社会です。

3Dプリンターでパーツ作成

欲しい品を自宅でプリント。これもまた、すごい時代です。

プリントしたものは少し不格好ですが、機能には支障ないでしょう。

シートの鏡はなかったので購入しました。

接着剤で鏡をくっつけます。

そしてTelloに装着!

試験飛行&撮影

玄関で飛ばしてみます。

鏡が軽量のため、飛行には影響がないようです。

しかし撮影映像は・・・

あれ?鏡が足りなかった?

半分真下、半分前方の映像となりました。

鏡を長く切って付けなおします。

これで、だいたい良さそうです。

空から真下を見降ろそう

初めてTelloを外で飛ばします。

10mまで上昇すると、Telloが小さく見えます。

手元のスマホには、真下の映像が送られてきます。

リアルタイムで見ると面白いけど、ちょっとブレるような・・・。

↓動画(減色したもの)

鏡だから実際の揺れの方向と、映像の揺れの方向が合わなくて、手振れ補正が効かなくなるのだと思います。

惜しい。

真下の撮影を本格的にしたい場合は、もっと値段の高いドローンを買ったほうがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)