3Dプリンターでネジ印刷の注意点

3Dプリンター「QIDI X-pro」でネジを印刷しました。直径8mmのネジであれば、使えるレベルのものが生成できました。ただし、2つの失敗をしたので書き留めます。

PLA炭素繊維プラスでネジをプリント

強度が高そうな「PLA炭素繊維プラス」というフィラメントを使って、試しにネジを作ってみます。

ネジの3Dデータは、Thingiverseの8mmのNut,Boltをダウンロードしました。

プリントしてみると、設定で2つの失敗をしたことに気づきました。

失敗1:サポートを付けてしまう

ネジのギザギザを支えるように、サポートを付けてプリントしました。

しかしサポートがきれいに取れず、精度が必要なネジでは邪魔になります。

8mmのネジの場合は、サポートなしでも問題なくプリントできます。

失敗2:ネジの中に空洞を作ってしまう

サポート付きで使えないネジを、試しに手で折ってみることにしました。

炭素フィラメントの強度実験です。

すると・・・ポキッと折れました。折れるんですね。

インフィル(密度)を20%に設定したのが原因です。

100%に設定して空洞を作らないことが重要です。

設定を変更してプリント成功

サポートなし、インフィル100%でプリントしました。

さすがに今度は折れる様子はないです。

ネジとしても、スムーズに使えました。

10万円弱の家庭用(?)プリンターで、ネジをプリントできる精度があることに驚きました。

一方、PLA炭素繊維の強度は期待しすぎない方がよさそうです。

積層に沿って折れやすく、空洞があると手でも折れるくらいなので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)