ヤモリ脱走防止板を3Dプリント

水槽からヤモリが脱走して、ゴキブリホイホイにかかりました。同じ悲劇を繰り返さないよう、水槽の穴をふさぎます。3Dプリンターが役立ちました。

マスキングテープでふたをしていた

家にふたつきの水槽があり、そこでヤモリを飼っています。

爬虫類用ではないので、ふたには2か所穴があり、そこからヤモリが逃げないように、マスキングテープでふさいでいました。

エサをあげるたびに弱くなる

マスキングテープをはがさないと、エサをあげられません。

何度もマスキングテープをはがしていると、粘着力が弱まります。

そして夜な夜な、この弱いマスキングテープを突破して、ヤモリが逃げてしまったようです。

再発防止!板を3Dプリント

穴をふさぐものをモデリングして、3Dプリントします。

3Dモデリングもなれてきて、このくらいであれば数分で終わります。

だいたいサイズもOK。ふたの面積を拡張します。

少しだけ大きかったかもしれません・・・。

でも、大きかった分、ふたがガッチリはまって、ヤモリの力では逃げられないようになりました。

これでもう、逃亡してゴキブリホイホイにひっかかる心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)