イニシャルの3Dプリントはコスパ良し

3Dプリンターの効果的な使い方の1つで、イニシャルの印刷があります。人によって違うもの、つまり量産されて売っていないものを小さめに印刷するときは、コストパフォーマンスが高いと思います。

マスクが誰のものか分からなくなる

家族全員分、涼しいマスクを買いました。

長さ調整ができ、大人でも子供でも使えます。

買って気づいたのは、マスクが誰のものか分からなくなってしまうこと。

イニシャルを付ける

マスクが黒で、名前を書くのも難しく、3Dプリントしたイニシャルを付けることにしました。

マスクに取り付ける丸かんは100円ショップで買います。

誰のマスクか識別しやすい

イニシャルを付けたことで、子供4人、誰のマスクか混同することはありません。

破損しにくいゴムのような素材(TPU)を使っています。

まだ4回くらいですが、洗っても大丈夫です。

コスパの良いオシャレな名札

イニシャルはモデリングも簡単で、小さければ3Dプリントも10分以内。早くて経済的。

3Dプリントには適した造形物だと思います。

ちょっとだけオシャレな名札になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)