micro:bitで射的ゲーム

micro:bitで射的ゲームを作ります。男の子の遊びで射的は大人気。ターゲットを倒すと点数が入るゲームを、参考書を見ながら子供と一緒に作っていきます。

銃は威力の弱いものを

100円ショップのおもちゃ売り場に多くの銃が並んでいます。

マイコンボードへ衝撃があるため、銃を買う場合は、威力の弱いものがおすすめです。

・・・といっても、どれが弱いか分からない。少なくとも写真に写っている銃は、けっこう威力が強かったです。

参考書を見ながら自分なりに変更

参考書『micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング』を見て作っています。

参考書と違うところは、micro:bitに3Dプリンターで作ったボディーがついていること。そのmicro:bitを「マイクロボット君」と呼んでいること。

通常笑っているマイクロボット君が、撃たれて倒れると口を「へ」の字にすることです。

ターゲットを倒すと点数が入る

あとは参考書通り。射的ゲームでは2つのmicro:bitを使います。

ターゲットのmicro:bit(うちではマイクロボット君)を倒したら、手元の銃に取り付けたmicro:bitに点数が加算されます。

倒した時は、手元のmicro:bitから音が出ます。何度も倒し、10の倍数の点数になると、レベルアップのような音が出ます。

マイクロボット君を撃つ

子供たちが洗濯を干すピンチハンガーを置き、銃を構えます。バリケードのつもりでしょうか?

何回か外した後、命中しました。

マイクロボット君が可哀そうな気がしますが、射的というゲームの定め。愛着がある人から撃たれます。

手元に点数が入る

銃に取り付けたmicro:bitには、点数が加算されています。

この制作物で一番ポイントになるのは、2つのmicro:bit間で通信が行われていることだと思います。

通信を応用して、他の制作物にも役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)