micro:bitのボディーを3Dプリント

イギリス生まれの教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」。小学生の息子が電子工作の勉強に使っています。より愛着を持てるように、3Dプリンターでボディーを作ります。

かわいくて優しいmicro:bit

micro:bitは、子供ターゲットのマイコンボードで、比較的丸っこく、かわいい外見をしています。

そして、ボタンスイッチ、LED、光センサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能といった、多くの部品が最初からくっ付いています。

とても優しいマイコンボードです。

micro:bitのボディー作り

3Dプリンターがあれば、micro:bitにボディーを与えることが出来ます。

モデリングデータは、CraftyRobot氏のMicrobot(CC BY 4.0)を使わせて頂きました。

マイクロボット君という名前のようです。

ブーツをはかせて安定させる

マイクロボット君は電源を背負うと安定感がないため、ブーツを追加で作りました。

半球や円筒を組み合わせて作った単純なブーツ。

小型のモバイルバッテリーを背負わせても、立っています。

マイクロボット君もにっこり笑っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)