ボッチャボールの中身は?

ボッチャのボールの中身は?

時々、ボッチャの体験イベントで聞かれることがあります。

中にはプラスチックの粒が入っています。

ボールの中身は何でもOK

市販ボールの中身は通常プラスチックの粒ですが、とくに規定はありません。

モーターとか動力源をいれちゃダメですが、米でも何でもOKです。

湿気を吸いやすいものだと、ボールの重さが変わってしまうので、プラスチックが無難な素材なんだと思います。

ボールを開けてみよう

愛用しているボールに刀を入れるのは抵抗ありますが、一思いにやりましょう。

ザクッ!

縫い目の糸を切りましたが、しっかりしていて、簡単には抜けません。

ハサミも使って開封しました。

白いプラスチックの粒が飛び出してきます。

黒い粒も混じっていますね。この白と黒の配分で、微妙な重さ・硬さを調整しているのでしょうか?

軽い粒ほど量が入り、パンパンになるので、結果、硬いボールになります。

ちなみに、ボールの重さ・硬さ調整で、プロの選手はボールを開くことがありますが、こんな大胆に切り開く必要はありません。

縫い直すのが大変です。

ボールの規定は275g±12g

ボッチャボールの中身は自由ですが、重さには規定があります。

263g~287gの間で、重さを調整する必要があります。

ギリギリ263gに調整しました。

乾燥して軽くなる可能性や、自分の測りの誤差もあるかもしれないので、あまりギリギリは狙わない方が良いかと思います。

重さ・硬さがOKなら縫合

開いた口を、縫合しましょう。

手元には刺しゅう糸しかなくて、ちょっと強度が弱そうです。

改めて言いますが、通常はこんなに大きく切り開く必要はありません。

私は視覚障害者向けに鈴を入れたかったので、大きく切り開きました。

“ボッチャボールの中身は?” への2件の返信

  1. 恐れ入りますが、もう一度、今度は完全に分解して、詳しい写真を紹介していただけませんか?
    知りたいことは、「皮の内側にスポンジのようなクッションが貼ってあるか?」「どんな糸で、どんな縫い方をしてあるか?」「使っているペレットの一粒の大きさは?」「中心に芯になるもの(たとえば発泡スチロール球など)を入れていないか?」ボールを自作しているので、ぜひ教えてください。

    1. ボールを自作とは、面白いことをされていますね。
      私では、ボールを縫い戻す技術がなく、完全に分解すると使えなくなってしまうため、分かる範囲でお伝えします。
      ・皮の内側にクッションは貼っていません。
      ・糸の種類、縫い方はわかりません。
       糸が大きめに映っている写真を参考に送ります。
      ・ペレットは2種類あり
       ◇白・・・どら焼きみたいな形。直径3.5mm~4mm、厚みは2mm。
       ◇黒・・・円筒形。直径3.5mm。高さ5mm。
      ・中心になる芯のようなものは入っていませんでした。

      参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)