GoProの熱暴走に注意

GoPro7を長時間撮影し続けたら、熱暴走でフリーズしました。

仕事の記録で使う前に、このトラブルを経験できて良かった・・・。

GoProの内臓バッテリーを抜いて撮影するのが、熱暴走を防ぐ解決策です。

水槽内を60fpsで撮影

熱暴走までの経緯です。

今回はタイムラプスではなく、1080pの60fpsで撮影しました。

撮影対象はカエル。

素早い動きで、ベロをべローンと伸ばすことがあるので、fpsを大き目にしています。

※fpsが大きいほど、滑らかなスローモーション再生ができます。

水槽内にシールでGoProをくっつけて、さらに電源コードをつなぎます。

照明も熱も影響?

GoProは暗いところの撮影に弱いです。

水槽の上に、スタンド照明を置きました。

使っている照明はLED(Hue ホワイト グラデーション)。温かい色ですが、見た目ほど熱くはなりません。

とはいえ、カメラを温めるくらいの影響があったかもしれません。

スマホで見守りライブ配信

橋の下に隠れているカエルが見えますね。

すぐそこにミールワームが歩いているのですが、ボケーとして気づきません。

こんなカエルの状況を撮影しながら、スマホでリアルタイム映像を確認できます。

高画質で記録できる、監視カメラみたいです。

しかし、これもWi-Fiでかなりの映像データを電波を飛ばしているので、GoProが熱くなる原因の一つでしょう。

突然強制終了!?

1時間41分すぎたころ、「ピー!!」という電子音が聞こえ、GoProの撮影が止まりました。

何事!?

GoProを再起動しようと思って触ったら、熱い!

強制終了した理由は熱だと、すぐに分かりました。

ネットで調べると、やはり熱でフリーズするという情報が出てきます。

バッテリーを抜けばOK

この熱暴走の解決策として良いアイデアが見つかりました。

Goproの熱暴走対策、このアイディアで長時間撮影出来ました!!

内臓バッテリーを抜いて直接給電のみで撮影する方法です。

内臓バッテリーなくても動くんですね。なかなかの盲点でした。

この状態で撮影を続けたら強制終了することなく、長時間撮影可能でした。
5時間撮影できたところで止めています。

撮影した動画ファイルも問題ないことを確認。ついでに編集でカエルが水に入る瞬間をスローモーションにしました。※減色してますがオリジナルはもっとキレイです。

60fpsくらいだと、そこまで美しいスローモーションにはなりませんね。

GoPro7は最大240fpsまで上げることができますが、ほとんど動かないカエルを撮りっぱなしにしたら、あっという間に記録容量オーバーになります。

せっかく熱対策をしたのに、高fpsで、また熱を持つ処理をさせてフリーズしても困りますし、現状1080pの60fpsくらいが、私の用途ではちょうど良い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)