Leap Motionで手話はできるか?

Leap Motionで空中スワイプを作っていましたが、このセンサーを買った当初の目的は、手話Vチューバーを作ることでした。

手話で挨拶すらできない

バーチャルアバターを作れるソフトfecerigを使って、手話Vチューバーを作れるか試しました。

まずは挨拶をやろうと思います。

右手人差し指と、左手人差し指で、お辞儀をするように曲げて・・・

う・・・う〜ん。曲がらん。

左手(アバターの右手)の親指は立つし、右手の人差し指は曲がらないし。

ダメだ!断念しました。

手話Vチューバーを作りたかったのは

イベントや仕事で、稀にろう者と会うことがあるのですが・・・私は全然手話をできません。挨拶とかお礼とか、わずかな単語しか分かりません。

そんな感じなので、遠隔で手話通訳をしてくれるサービスがあったらいいなと思い、調査していました。

その時流行りだったVチューバーにたどり着き、アバターが手話をできないか知りたくなり、手軽で安価に実現できそうなfecerigとLeap Motionを購入して検証していました。

福祉としての手話通訳サービスだと、利用する場面が限定されそうなので、エンタメ寄りな手話サービス、手話Vtuverがいると良い気がします。

私から見ると、手話の使い手は、手の動きのパフォーマーに見えます。

Webカメラ+Leap Motionで上半身キャプチャ

技術の話でです。

fecerigはWebカメラを使い、表情を3Dアバターに反映させることが出来ます。

さらにオプションでLeap Motionを接続すると、手も動かせるようになります。

体に何も付けないで、モーションキャプチャができる手軽さは素晴らしいと思います。

反面、精度の高いキャプチャは望んではいけないでしょう。

手話は難しいという結論になりました。

透明スクリーンに映そう

最後に余談ですが、透明スクリーン(ポリッドスクリーン)に映して遊んでみました。投影が中途半端で美しくはありません。

大雑把な動きだったらキャプチャできるので、身振り手振りで雰囲気を伝えることなら、Leap Motion+fecerigで問題なさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)