ボッチャランプのカスタマイズ

ほぼ需要のない情報ですが・・・

私の持っているボッチャランプは、3つのアジャスタ(ねじ)で水平調整ができるようになっています。

このアジャスタをカスタマイズして、精度より機動性を向上させました。

ボッチャランプは重い

組み立てると10kgあるランプ。

安定感があり素晴らしいのですが、移動や調整が大変。

台車に乗っけて使ってみましょう。

・・・。

いや、これは違う。

かっこ悪い上、台車の厚みで高くなりすぎです。

直接キャスターを取り付ける

水平調整用のアジャスタを取って、キャスターに取り換えてみます。

M6サイズのねじがぴったりです。
(アポワテック販売のBC-JB-501の場合)

レバーで車輪を固定できるキャスターが良いでしょう。

これで動かしやすくなりました。

ランプに触れてもらう機会を増やすために

水平調整を捨ててキャスターに取り換えたのは、レクリエーションボッチャでランプに触れてもらう人を、少しでも増やそうと考えたからです。

実際、何回かこのランプを導入して、レクリエーションボッチャを実施していますが、動かしやすい分、ランプを気軽に使いまわすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)