ボッチャ IoT定規2号

少し前ですが、ボール間の距離を測るコンパス型定規の試作2号を作りました。

距離データをWi-Fiで飛ばせるのは、IoT定規1号と変わりません。
配線を整理して、使いやすく改善しています。

ただ、「レーザー距離測定指示板」を作ったので、あまり必要性を感じなくなりました。

距離データ蓄積で成長を確認

ボッチャの試合で、何cm何mmかという距離データは必要ありません。
相手よりボールが近いか、遠いか分かれば良いからです。

しかし、ボッチャの練習に打ち込んでいると、自分の投球がどれくらいの精度なのかデータで蓄積し、成長を見てみたいと感じるようになりました。

データ蓄積の仕組みも開発中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)