ESP-WROOM-32は使えるのか?

IoTの第一歩としてWi-Fiモジュール「ESP-WROOM-02」にお世話になってきましたが、その新バージョン「ESP-WROOM-32」が発売されています。

Wi-Fiに加え、Bluetoothまで使えるとのことです。

Arduino互換機としてすぐに使える開発者ボード「ESP-DevKit-C」も販売されていたので、使い勝手を確かめてみます。

開発環境の用意は簡単(Windowsは)

開発環境は「ESPr Developer」で用意した経験があるので簡単でした。

「ESP-DevKit-C」は、まだまだ情報が少ないですが、環境設定くらいはネットで検索すると情報が見つかるので、調べながらIDEの準備を整えます。

なお、Windowsは簡単なのですが、Macは(2017年5月現在)Arduino IDEでの開発環境を用意するのは難しそうだったので、すぐに諦めました。

ブレッドボードにどう挿すの?

「ESP-DevKit-C」は幅が広く、通常のブレッドボードではどう挿して良いのか分からないです・・・。

とりあえず片側のピンだけ挿して、反対側はメスのジャンパーワイヤーを使う予定です。

あっさりとLチカ

恒例の動作確認で、LEDをチカチカさせます。

「ESP-DevKit-C」はピンの数が多く、せっかくなので23番ピンという、今まで使ったことのない数字でデジタル出力を試します。

問題なくLEDがチカチカしてくれました。

Bluetooth接続は?

省電力が魅力のBluetooth接続。

サンプルのプログラムもあるのですが、使い方が分からない・・・。

そして、情報もほとんどありません。

断念しました。

もう少し待ちで。

Wi-Fi接続は・・・あれ!?

Wi-Fi接続は「ESPr Developer」で何度もやっているので、サンプルを使って簡単にできるでしょう。

 

・・・あれ?できない。

そもそもWi-Fiをまったく検出してくれません。

Amazonでコメント欄に同様の症状と思われる

WiFiの掴みが非常に悪い

という意見が書き込まれていました。

・・・ハズレを引いてしまったのかもしれません。

悲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)