シュート困難!?車いすバスケ

車いすバスケを体験してみました。

やってみると、意外なことに気が付きます。

ゴールにボールが向かわない

単に私が下手だったという可能性も否定できませんが、シュートを打つと思わぬ方向に飛んでいきました。

普通のバスケでは、足腰も使ってシュートを打つのですが、車いすバスケでは、ほとんど手だけでシュートを打ちます。

それだけでコントロールが効かなくなり、さらに飛距離も想定より短くなります。

子供がシュートを打つと、車いすから腰が離れ、無意識に立ってしまうことからも、シュートには足腰が重要だと分かります。
(車椅子から立ち上がるのは当然反則です。)

パラリンピックの車いすバスケは別次元

リオで観戦していたときは、当たり前のようにゴールが決まっていましたが、実はとんでもなく高度なシュートを繰り出していたのです。

3ポイントなんて、届くだけでもすごいことです。

見るのとやるのはだいぶ違い、障がい者スポーツの体験会は、新たな驚きの事実を発見させてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)