仮想現実を走り抜ける!車椅子型VRレーサー

赤坂サカスで車椅子型VRレーサー「CYBER WHEEL」を体験しました。

VR初体験です。

車椅子型VRレーサーとは

パラリンピックの陸上競技では、「レーサー」と呼ばれる走りに特化した車椅子が使われます。

このレーサーをVR・・・仮想現実で体験できます。

西暦2100年の東京をイメージした世界を、疾走できるとのことです。

仮想現実世界に入り込む

車椅子型VRレーサーを体験させてもらいました。

ゴーグルを着けた瞬間驚きです。
VRががここまで進化しているとは!

「目の前に画像が出てくる」くらいのイメージでしたが、全然違います。

仮想現実世界に入り込みます。

こぐことに集中してしまう

VRを楽しむことは、3秒くらいで忘れちゃいます。
車いすをこぐのが楽しくなってしまい。

障がい者スポーツのイベントに参加しても、今まで競技用車いすを、おもいっきりこぐ機会はありませんでした。

夢中になってしまいます。

400メートルの道のりを走り抜けます。

 

・・・そしてゴール。

記録は45秒28。やりました。
リオパラリンピック金メダリスト46秒65※を超えました。

※男子400m車いすT54(障害が最も軽いクラス)の記録

そんなバカな。

スピードが出すぎるのは、地面との摩擦や、風圧がないからなのでしょう。

体感的には、車椅子に加える力に対して、速く走りすぎる感じを受けましたが、爽快感があって良い気もします。

早く走るほど前から風が強く吹くと、もっと臨場感が出るかもしれません。

子供が体験できる配慮が優しい

VRに年齢制限があるのことは知っていました。

今回のVRゴーグルも、子供が着けると酔ってしまう可能性があり、12歳以下はヘッドホン+スクリーンでの体験となります。

子供が楽しめるよう、代替手段をしっかり用意していることに、運営者のやさしさを感じます。

非常に満足度の高い体験でした。

説明をしてくれるスタッフさんの喋りもうまく、子供の対応もうまく、VR技術の披露以外のところにも、力を入れているからだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)