ブレッドボードソケットを3Dプリント

obnizボードにサーボモーターを直挿しするより、ブレッドボードを介して接続した方が、過電流のリスクを下げられそうです。小さいブレッドボードを購入し、土台に取り付けるソケットを3Dプリントしました。

9列ブレッドボード

秋月電子に売っていた9列ブレッドボードです。

ちょうどobnizボードで9本のピン(サーボ×3)を使っていました。

このブレッドボードは、裏に円筒の突起が2つあり、何かに差し込むようにできているようです。

せっかくなので、差し込むソケットを作りましょう。

ブレッドボードソケットを3Dプリント

ブレッドボードを差し込む大き目の穴と、M2ネジ用の小さい穴を用意しました。

ブレッドボードのソケットデータは自由にご利用ください。

硬いカーボン配合のフィラメントでプリントしました。

ブレッドボードソケットを土台にネジ止めします。

ブレッドボードにピンを挿し、その後にソケットへ差し込むと作業が楽です。

組み換えもブレッドボードが外せるので、楽になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)