3Dプリントでは積層方向の強度に注意

負荷がかかるパーツを3Dプリントする場合は、積層方向に注意が必要です。積層に沿って簡単に割れてしまうので、90度倒してプリントするなど工夫が必要です。

積層方向に割れやすい

強度の高いカーボン配合フィラメントでジョイントを3Dプリントしました。

強度テストで、少し乱暴に使ってみます。すると積層に沿って割れてしまいました。

やはり積層方向の強度が弱いです。

可能なら90度倒す

積層方向の強度の弱さは、物理的に克服が難しそうなので、3Dプリント前に対処が必要です。

積層方向を意識してモデリングするか、可能なら90度倒してプリントするなど、力がかかる方向と、積層方向が一緒にならないように工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)