天気予報をHueでお知らせ

2つのスマートライト「Hue」で、天気予報をお知らせします。天気情報はOpenWeatherのAPIを使っています。

OpenWeatherのAPIの用意

天気情報を取得できるOpenWeatherのAPIがあります。アカウント登録をすると無料で天気データのJSONを受け取ることができます。(1分間に60リクエストまで)

アカウント登録方法、各種設定についてはネット上に多くの情報があり、ここでは多く書きません。

今回は東京の3時間ごとの天気予報を、下記URLで取得します。

http://api.openweathermap.org/data/2.5/forecast?id=1850147&units=metric&cnt=2&appid=<取得したid>

  • id=1850147が東京
  • units=metricは摂氏で温度取得
  • cnt=2で3時間ごとに天気予報データを2件取得。

私はあまり出かけないので3~6時間後の天気を知れればそれでよいです。

3時間ごとの天気予報をHueでお知らせ

JavaScriptで定期的にAPIを呼んで、天気予報をHueの色に変換して伝えます。

  • 快晴・・・オレンジ
  • 晴れ・・・薄めのオレンジ※1
  • 曇り・・・白っぽいオレンジ※1
  • 雨・・・水色※2
  • 雪・・・白っぽい紫
  • その他(竜巻とか砂埃とか)・・・白

※1 雲が多いほど彩度・明度が下がり、白っぽく暗くなります。
※2 降水量が多いほど彩度・明度が上がり、鮮やかで明るい水色になります。

HueをjQueryで操作する

動作はブラウザとローカルのHTMLファイルで、簡単に試せます。

jQueryでHueを操作する方法はこちらをご確認ください。

もし、稼働しっぱなしのPCやラズパイがあれば、setintervalなどで定期的に上記JavaScriptを実行することで、天気予報のHueライトが更新されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)