低スペックPCでTobii Eye Tracker 5は動くのか?

視線制御デバイス「Tobii Eye Tracker 5」が低スペックPCで動作するかを確認します。3万円程度のWindowsタブレットでも、特に問題はなさそうでした。

タブレットになる格安PC

試したのは「Jumper EZpad 6 Pro」。2020年5月の購入時点で3万1,700円。

一見、ノートパソコンですが、キーボードが外せてタブレットになります。

視線入力をするときにはキーボードがいらないため、脱着できるものを選びました。

Jumper EZpad 6 Proのスペック

CPU:インテル Atom E3950
メモリ:RAM 6GB
画面:11.6インチ
重量:757g

Atomという、とても非力なCPUを使っているのが心配です。

画面サイズは、視線入力にしては少し小さめ。

重さはタブレットアームで支えられるくらいにおさまっています。

お金があれば、同じくらいの重さ(774g)で、13インチあるSurface Pro Xあたりを使いたいところです。

Tobii Eye Tracker 5を装着

ドライバーをインストールし、専用ソフト「Tobii Experience」を実行します。

Tobii Eye Tracker 5を装着して、動作を確認。

視線のバブルは、想像以上に滑らかに動きました。

さすがに3D描画の方はモッサリします。青い頭部のモデルが、動き出すまでに1分くらいかかったような気がします。

Tracker 5関係なしに、スムーズな3D描画を格安PCでやるのは、無理がありますね。

視線制御はおおむね快適

視線解析の処理は、トラッカーデバイス側でほとんど行われているのでしょう。Tracker 5が熱くなっていました。

Tracker 5が頑張ってくれるので、PCの方には負荷がかからないようです。

リッチな3Dゲームをやらない限り、 格安PCでも、おおむね快適にTobii Eye Tracker 5を使えるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)