急な運動はケガに注意!疲労骨折

Withコロナ時代に、自宅でフィットネス。Nintendo Switchの「Fit Boxing (フィットボクシング) 」を購入しました。普段運動しない人が急に運動すると、ケガをするので注意が必要です。

自宅で運動しよう

私は10年近く、激しい運動はしていません。ジムに行くモチベーションもなく、IT業界に転職してから、体が弱っていく一方。とても良くない事とは分かっているのですが・・・。

そんな中、コロナの影響で自宅フィットネスが流行りだし、この流れに乗じて運動することを考えました。

ボクササイズができる「Fit Boxing」を購入します。

フィットネスに打ち込む大人向けソフト

「Fit Boxing」は、ただ、ただ、リズムよくパンチを打ち続けます。

ストレート、アッパー、フック、他にもガードやステップなどがありますが、厳密にジョイコンセンサーの動きを読み取っているわけではなく、適当に手を動かしても正しいパンチと判定されます。

ストレスにならない、この判定の甘さが良いです。

半面、ゲーム性は低いので、子供にとっては飽きやすい内容です。

Fitbit × Fit Boxing

運動するときは、活動量計「Fitbit」を装着します。

普段から「Fitbit」は腕に付けており、「運動しましょう!」という通知が届くのですが・・・1年無視して、ただの時計として使っていました。

ようやく「Fitbit」を活用するときがきました。

デフォルトの「1日1万歩」という目標を、「Fit Boxing」で達成しようと思います。

「Fit Boxing」はステップを踏むため、歩数もカウントされていきます。

運動の数字目標として活用します。

1万歩は、2時間~2時間半くらい「Fit Boxing」をすることで達成できます。

外出しなくなった分、運動時間は確保できました。

1日目で靴が壊れた

運動靴が、初日で壊れました。

長年使っていなかったため劣化していました。しかし、劣化だけが原因ではなく、ステップを踏む「Fit Boxing」が、足にも効く証拠だと思っています。

1週間で足の甲が壊れた

やり続けて1週間。足の甲が痛くなりました。腫れているような?

そのうち慣れて、痛みも引くでしょう。

2週間でフラフラしてきた

2週間くらい経つと、踏ん張れなくなるくらい足の甲が痛くなってきました。

腫れも引かないし、整形外科でレントゲンをとることになりました。

疲労骨折のようです。

理学療法士の見解は、膝が骨挫傷を起こしている可能性があり、その膝をかばうために、足の甲に負荷がかかったとのことです。

体重も減り始め、「Fit Boxing」を続けることが楽しくなってきた矢先、3週間安静となりました。

運動は少しずつ適度に!

健康のためどころか、これでは本末転倒。

たまたまZoomで同業者と雑談してて知りましたが、意外にも同じように運動を始めて、ケガして、よけい体が悪くなる人は多いようです。

急な運動は、体と心が同期しない。

私の場合は、昔膝を壊した影響もあります。

冷静に自分の体の状態を理解し、少しずつ運動する必要性を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)