Leap Motionの精度確認

ジェスチャー操作センサー「Leap Motion」が、どれくらいの精度か確認したいと思います。

デフォルトのソフト、診断ビジュアライザーを使ってテストします。

ただ・・・私だとセンサーが認識しやすいよう、無意識に手を動かしてしまいそうなので、何も先入観のない子供にテストをしてもらいました。

グー・チョキ・パーの動きは前回の確認済みなので、ちょっと難易度が高そうな動きも見ていきたいと思います。

指で円を描く

人差し指でくるくる円を描きます。

これは安定して認識しています。

人差し指の認識は、特に安定しているような気がします。

手と手を握る

次は、絶望的に難しいと思われる、手と手を握った状態にしてみます。

なんとすごい!最後に右手の認識が外れましたが、十分機能しています。

重なった手を、どうやって手と認識しているんだろう?

前フレームとの差異を比較して、間接の位置を予測し続けているのか?・・・もはや私にはわかりません。

まあ、こんなジェスチャー入力を採用することはないと思いますが。

たまに手がどこかへ行く

精度は良いとはいえ、たまに自分の手が、どこかへ行っちゃいます。

あれー、戻ってこーい!

こうなると、意図しないジェスチャーが入力される可能性はあります。

実用化に必要な精度は?

家や街中でジェスチャー入力をする機会は、いまだにありません。

タッチーセンサーのように実用化し、普及するのは、ほぼ100%の精度になってからかもしれません。

ジェスチャーがタッチより優れているのは、衛生面(触らなくていい)と、操作機器から少し離れた距離でも入力できるところでしょうか。

まだ先の印象ですが、キッチンとかで使われるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)