7セグメントディスプレイにこだわる

表示の自由度が高い液晶ディスプレイより、数字しか表示できない7セグメントディスプレイの方が、配線だらけになりる事実を知りました。

それでも、7セグメントディスプレイを使いたいです。

7セグメントディスプレイの魅力

なんといっても視認性の良さ!

LEDでくっきり表示される数字は、人を引き付けます。

広告のデザインの話になりますが、数字のフォントを大きく目立たせると、多くの場合、売上が上がります。

それと同様に、ハッキリした数字は人の目につき、同サイズの液晶ディスプレイよりも、作品の魅力を引き上げてくれるはずです。

配線の多さを改善できないか?

ただ、7セグメントディスプレイを1桁ですら、恐ろしい配線の数になってしまいました。

4桁を少ない配線にできないか・・・

先人の知恵がありました!

多いことには変わりませんが、1桁の時の4倍にならずに済む方法があるようです。

4桁とも同じ数字を表示すれば、配線を減らせるという、一見役に立たないような方法ですが・・・

例えば「1023」の数字を表示するとき、

1111
0000
2222
3333

このぞろ目数字の不要な桁のLEDを消し、超高速で表示を切り替えます。

1___
_0__
__2_
___3

人間の目には、早すぎて「1023」と表示されているように見えます。

本当は同時に数字は表示されていないはずですが、点灯し続けているようにしか見えません。

プログラミングでは、1桁ずつしか点灯しないことになっています。

カメラのシャッタースピードを速めると・・・

本当に同時に表示されていませんでした。

人間の目の特徴をうまく使っています。

 

この方法で配線を減らせたおかげで、子供でも、7セグメントディスプレイの回路を作ることができるかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)