obniz常時稼働にラズパイを使う

obnizとリレーモジュールの組み合わせで、遠隔で家電を操作する仕組みを作りました。しかし、操作画面のブラウザを閉じたら、obnizの動作が停止し、家電の電源が切れてしまいます。苦肉の策でラズパイを導入しました。

家電の電源を保持できない

スマホで、ホットカーペットと加湿器を、ネット経由でONにできます。

しかし、操作画面のブラウザを閉じたり、スリープになると、リレーモジュールへの通電が止まり、家電の電源が落ちてしまいます。

ブラウザを常時起動

電源が落ちないようにする方法を考えなければなりません。

このプロダクト、最終的には24時間稼働して、温度・湿度センサーにより、自動でホットカーペットと加湿器の電源をON/OFF切り替えようとしています。

常時稼働はいくつか方法がありそうですが、暫定的に、ラズパイのブラウザを起動しっぱなしにする方法をとりました。最も簡単です。

スマートではないですが、これでobnizが常時動作してくれます。

obnizを使わず、ラズパイだけでよかったのでは・・・と、考えてしまいますが、開発の早さでobnizを愛用してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)