Tello スマートグラス操縦

スマートグラスをかけながらドローンを操縦すると、機体とカメラ映像をほぼ同時に見ることができます。

どれほど有効か、実際に体感してみました。

準備はひと手間 配線が多い

スマートグラス「MOVERIO BT-30E」を使います。

iPhoneにHDMIアダプターを付け、スマートグラスに接続します。

USB給電が2か所必要なので、なかなかの配線量です。

iPhoneがType-Cになってくれれば、給電ケーブルもHDMIアダプターもなしで、直接スマートグラスと接続できるのですが・・・。

機体からほぼ目を離さず操縦

スマートグラスをかけ、Telloのアプリを立ち上げます。

Telloのカメラ映像が目の前に表示されます。

機体とカメラ映像を同時に見えるわけではなく、焦点が違うのでどちらか一つしか凝視はできないです。

ただ、スマホでカメラを見るよりは、機体から目を離す時間が短くて済みます。

室内では微妙

室内ではスマートグラスの良さを発揮できていない気がします。

こじんまりした飛行スペースであれば、ドローンを見失うこともないし、カメラ映像をリアルタイムで見ても、そこまで感動はありません。

やはり、大空を一人称視点で飛ぶと気持ちよさそうです。

今度は外で試してみます・・・。

今回は接続検証まで。

余談:オーバーヒート対策

ノートパソコンの冷却台を使っています。

気休め程度にはなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)